FC2ブログ

秋冬パリコレクション開催中

期間:2/23~3/2
会場:ルーブル美術館(主会場)
内容:世界各国の約90ブランドが、プレタポルテ(高級既製服)新作を披露

ヴァレンティノ・ガラバーニさんの引退など、モード世界でも世代交代が進行中。デザイナーが変わるとブランドイメージもガラリと変わりますよね。どんな新作が出るのか、それも楽しみの一つ♪

そしてまた、今回注目を浴びているのがサルコジ仏大統領と結婚した元スーパーモデルのカーラ・ブルーニさん。ファーストレディーとしてどのブランドの服を選ぶのか?彼女の動向にも注目が集まっているそうです。

【パリ=谷本陽子】2008~2009年秋冬パリコレクションが23日、開幕した。3月2日までの期間中、公式日程だけで約90のブランドがショーを行う。最近のパリコレは、インドや中国、韓国などアジアを中心に参加デザイナーの数が増え、国際色豊かになってきているのが特徴だ。初日には、ポルトガルのブランド、ファティマ・ロペスが登場。様々な丈のエレガントなドレスを披露した。
ソース元:infoseek芸能ニュース

「ヨミウリ・オンライン」:25日夕~開催模様を配信予定♪

日本と海外でこんなに違う?リアル“働きウーマン”事情

ソース元:2/9(土)Yahoo!!News

問題。世界の国会議長の10人に1人は女性である。○か×か? 国会議員の4分の1以上が女性という国が、30カ国以上ある。○か×か?

続きを読む

テーマ : 女性のお仕事
ジャンル : ビジネス

パリで「黒川能」上演決定

フランス・パリで世界各地の伝統芸能などを集めて開催される
【想像の芸術祭】黒川能が上演される事が正式決定。
期間:3月11日~4月18日
演目:紅葉狩り
※黒川能の上演は3月12、13、14日(計3回)

ソース元:黒川能、来年3月にパリ公演

実はこのお能、前々から一度観に行きたいと思っていたので、とても嬉しいニュースでした!パリまでは観に行けないけど 日帰りで行けない事もない...。年に何度かある奉納の為の上演を、今年こそ鑑賞したいな☆

日仏交流150周年ロゴは着物×エッフェル塔

 2008年は日仏間の交流が本格的に開始して150年の節目を迎え、多数の行事が予定されているが、一連の記念行事を象徴するロゴマークがこのほど、決まった。
 「雑誌で着物の写真を見たとき、強い印象を受けた」というのは、日本の着物とフランスの象徴エッフェル塔を組み合わせたロゴマークでみごと、当選したクレール・ポーメさん。「わかり易さも狙った」ということで、配色もフランスの国旗・三色旗と日章旗の赤、白、青を配している。「日仏のどちらかの印象が強くなることを避けた」指摘するとおり、日仏の要素が簡潔かつ均衡に収まっている。
 今春、在仏日本大使館が行ったロゴマークの募集には日仏双方から716点の応募があった。
 「日仏交流という崇高な目的」にひかれて応募したが、「(当選の)電話のベルが鳴るのを、あんなにも待ったのは初めて」とコンクール初優勝を喜んでいる。
 入賞の賞品の航空券を利用して来春の4月に初めて日本を訪問する。まだ見ぬ日本には「勤勉と狂騒という相反するイメージ」を持っているといういうが、実際の日本にどんな着想を得るか。
 1979年5月29日、パリ生まれの28歳。高校卒業後、パリのグラフィック・デザイナーの専門学校で4年間、学んだ後、名刺やロゴのデザイナーとしてフリーで活躍してきた。

ソース元:産経新聞12/20

パリは既にホワイト・クリスマス?

11月29日のH.I.Sブログによると、シャンゼリゼ通りのイルミネーション、今年は『雪』をイメージした飾り付けになっているようです。
暑くもなく、寒くもない気候に訪れるのも良いですが、クリスマス~年末にかけても良いですね!私が訪れたのは1999年11月中旬。イルミネーションを楽しむにはまだちょっと早かったのでした。ざんね~ん!

次ぎの渡仏、目標では再来年の春....。
今気付きましたが、初回の渡仏からちょうど10年目デス☆
それまでに少しでも仏会話を上達させなくちゃ!!!

ブックマークに中村江里子さんの公式サイトを追加しました。

パリ国立オペラ 初来日公演

2007年秋期仏検定受験された皆様、お疲れさまでした!!
また次の目標に向けて頑張りましょう~
- - - - - - - - - -
パリ国立オペラ初来日公演のお知らせです。
パリに行かなくても本場のオペラが鑑賞出来る?!ドキドキしちゃうくらいステキなチャンス♪お財布に余裕があれば是非!行きたい!!チケットも取ろうと思えば多分確保出来る(恩師がbunkamura会員なので(^-^))でもお財布に余裕が見当らない私は...↓DVDで鑑賞したいと思います(泣笑)

トリスタンとイゾルデ トリスタンとイゾルデ
ジェームズ・フランコ (2007/06/02)
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

この商品の詳細を見る

◆日程
2008/7/23(水)/7/26(土)「アリアーヌと青ひげ」
2008/7/27(日)/7/31(木)「トリスタンとイゾルデ」
2008/7/29(火)/7/30(水)「青ひげ公の城」・「消えた男の日記」2演目連続上映

◆料金&一般発売日
2007/12/15(土)
料金:S席\58,000 / A席\50,000 / B席\42,000 / C席\34,000 / D席\26,000 / E席\20,000
全て税込み。
C・D・E席はぴあ、イープラスのみでの取り扱い。
演目によっては18歳未満鑑賞不可のものもあります。事前に御確認下さい。

◆問合せ
公演事務局(東京音協内) 03(3201)8116〔平日 10:00~17:00〕

◆詳細
渋谷bunkamura


ワーグナー : 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲 / ライプツィヒ放送合唱団、プライス(マーガレット) 他
バルトーク:歌劇〈青ひげ公の城〉 / ポルガール(ラースロー)、ノーマン(ジェシー) 他
ヤナーチェク:歌曲集「消えた男の日記」 / ボストリッジ(イアン)

オペラ座、ストで公演中止

 パリのオペラ座で優遇年金制度の廃止に反対する関係者のストによる公演中止が続いている。先週末にはベルディの『椿姫』やプッチーニの『トスカ』がキャンセルされた。
 
 ガルニエ宮とオペラ・バスチーユで公演を行うパリ国立オペラの年金制度は17世紀末から変わっていない。バレエダンサーなら10年務めれば40歳で引退でき、その後は給料の9割以上に当たる年金が支給される。一方、通常の公務員や民間部門の従業員は年金を満額受け取るのに社会保険料を40年にわたり納める必要があり、その金額も最終給与の4割程度という。
 
 経済改革に挑むサルコジ大統領は年金の特例措置を廃止する考えで、関連労組から反発を買っている。芸術分野ではオペラ座のほか、300年以上の伝統を誇る国立劇場コメディ・フランセーズでもほぼすべての従業員がストに参加、政策の撤回まで職務を放棄する構えだ。


ソース元→【フランス】《労使》オペラ座、ストで公演中止

関連→オペラ座公式サイト(フランス語)
a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード