FC2ブログ

RADIOフランス語講座13-14

◆5/11(金) 【Leçon13:Logement(=住宅)】

フランス人は自宅で過ごす時間がとても多い。週末を含めると一日平均17時間50分、という数字の中身は、週35時間労働の移行と退職者(rentairé)及び失業者(choômeur)の割合が増えた事にもよっている。
同時に、住宅にかける費用も増えた。2005年には世帯の実質消費の18.9%を占めている。(1980年16.8%、1960年10.7%)維持(entrtien)費と設備(équpement)費を含めるとフランス人は実質消費の1/4近く(年間約1万ユーロ)を住宅費に割いている。


◆5/12(土) 【Leçon14:Surface des logements et résidence secondaire(=住宅面積と別荘)】

住宅の平均面積(surface moyenne)は規則的にそして目覚まし(spectaculaire)く拡大した。(※1)しかし、小さな住宅の割合も最近増え(s'accroître)ている。
フランスの住宅面積はヨーロッパ15ケ国中の平均である。(※2)別荘(résidence secondaire)若しくは別宅を持っている世帯割合は60年代~90年代初頭にかけいぇ上昇した後、停滞(stagnation)期を迎えたが、1996年以降、別荘購入は再び過熱した。

※1住宅面積の拡大
  ├1973年---72m2
  ├1984年---82m2
  ├1992年---86m2
  └2004年---91m2

※2住宅面積ランキング
  BEST1. ルクセンブルグ---1182
  BEST2. デンマーク---1082
  WORST イギリス&フィンランド---762

別荘の3件に2件はほとんどが庭付きの一軒家。半数以上が田舎に、1/3が海沿いに、残りは山付近に持っているそうです。

フランス~特にパリ~での住環境というと、フランス映画には欠かせない『アパルトマン』のイメージが強いです。普段は小さいお家で生活して、ヴァカンスは自然に囲まれた別荘やおじーちゃんおばーちゃんの住んでいる大きな田舎の家で~。。。みたいな(^ω^;
そういえば、2006年7月にNHKで放送された【世界遺産 フランス縦断8日間】 の中でも、行く先々でお宅訪問♪をしていたけれど、どのお宅もとても手入れがされていて素敵でした★
特に”布”の使い方が素敵!!!!(≧▽≦)

新大統領の元で『週35時間労働』が撤廃されてしまえば、このLogement関連項目については数字が変わってくるのでしょうけれどねえ~。。。(^^;

パリの小さなアパルトマン パリの小さなアパルトマン
ジュウドゥポゥム (2006/01)
ジュウドゥポゥム

この商品の詳細を見る

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座11-12

◆5/11(金) 【Leçon11:Natalité(=出生率)】

出生率(natalité)は60年代中頃以降に下降したが、1994年(1.66)以降は規則的に上昇して2005年は1.94だった。
また、出産(maternité)は増々計画的になってきている。

 出産平均年齢
  ├1980年---26.8歳
  └2005年---29.7歳 ※パリ地方では31歳↑

結婚の枠組み外での出生率(natalité)はこの20年間に増加した。
フランスのこの数値はヨーロッパ北部諸国に比べれば低く、南部諸国よりは遥かに高い。

 結婚制度外での出産割合(フランス)
  ├1970年--- 7%
  ├1980年---11%
  ├1990年---30%
  └2005年---48.3%
 
 結婚の枠組み外での出産率
  ├アイスランド---65%
  ├スウェーデン---55%
  ├フランス---48.3%
  ├イギリス---40%
  ├アメリカ---30%
  ├イタリア---10%
  ├スペイン---10%
  └ギリシャ---4%


確か、フランスは出産に係る費用が安いんでしたよね?
フランスで出産する為に渡仏する方が少なからずいらっしゃる!!
というのをTV番組の特集か何かで見た記憶があります...。

...と、まあこの件に関しては私は未経験者なので、何をどう比較すれば良いのか分らないのですが(>_<;) こちらの本は興味深いです。
パリの女は産んでいる―“恋愛大国フランス”に子供が増えた理由 / 中島 さおり



◆5/12(土) 【 Leçon12:Personnes âgées(=高齢者)】

フランス人の5人に1人が60歳以上、6人に1人が65歳以上である。(2006年1月1日)
人口のピラミッド型年齢分布図(pyramide des âges)は激変した。18世紀末には65歳以上1人に対して20歳未満の若者が5人いたが、今日では2人に1人。老齢化(vieillissement)の原因は平均寿命の延び移民(immigration)の減少により、1965年~1995年で出生率が減少した事にある。

60歳以上のフランス人
  1300万人以上 /全人口に占める割合(20.8%)
65歳以上のフランス人
  1020万人/全人口に占める割合(16.2%)
      ↓
      ↓
(18世紀末)65歳以上:20歳未満=1:5 → (現在)65歳以上:20歳未満=1:2弱
 ※65歳以上の日本人は、人口の21%

2006年以降は、1946年第一次ベビーブーム世代が60歳に達するため、老齢化が加速(accélération)する。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座9-10

◆5/4(金) 【Leçon9:Divorce(=離婚)】

フランスでの離婚率は1965年10%、1980年20%、1990年30%、1995年40%、2004年45%。特にパリでの離婚率は50%となっていて、今では2件に1件の割合で破綻(rupture)しているのである。
離婚申し立ては女性からが多く、これにより結婚という枠組みの中で、女性の方が自分達のアイデンティティーを見い出す事が難しく、より多くの不都合(inconvé)を感じているという事で説明がつく。
取り分け女性労働者(9%)よりも女性管理職(21%)の方が離婚率が高い。

ル・ディヴォース ~パリに恋して~ / ケイト・ハドソン


◆5/5(土) 【 Leçon10:Partage des tâches ménag ères(=家事の分担)】

2005年1月の調査によると、今日、女性は平均16時間、男性はたったの6時間、家事(tâches ménag ère)に費やしている。68%の世帯において家事を行っているのは女性である。
55%の男性が協力していると言っているが、女性視点では協力している男性は24%に過ぎない。

女性の家事負担割合
 ├洗濯機による洗濯---88%
 └アイロンがけ(repassage)---83%

食器洗い機による皿洗い
 ├女性---55%
 └夫婦(conjoints)分担---38%
手洗いによる皿洗い
 ├女性---50%
 └夫婦(conjoints)分担---32%

しかし、これらの不平等は夫婦間の大きな争い(conflit)の原因にはなっておらず、夫婦で生活している人の84%が家庭での家事分担方法に満足していると答えている。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座7-8

◆4/27(金) 【 Leçon7:Espérance de vie(=平均寿命)】

フランス人女性の平均寿命は84歳で、男性は77歳である。
平均寿命は20世紀の間に劇的に延びたが、ここには大きな格差が隠されている。1つ目は男女間で、フランス人男性の平均寿命が短いのは事故や病気を引き起こしやすい生活スタイルにも因るのである...。
もう一つは社会的身分で、肉体労働者の平均寿命は管理職の人に比べて7年短い。

◆4/28(土) 【 Leçon8:Baccalauréat(=バカロレア)】

Baccalauréat(大学入学資格)取得に至る人の割合は、50年代には10%だったが70年代初頭では30%に上昇、1992年には62%、1994年には71%になった。

2005年のバカロレア取得者の割合(合格率80.%)
 ├ 一般バカロレア(baccalauréat général)---52%
 ├ 技術バカロレア(baccalauréat technologique)---29%
 ├ 職業バカロレア(baccalauréat professionnel)---19%

高2、高3を1つの課程とする事で進級の際の落第が減り、その結果大学入学資格を取得する人が増えたそうです。
また、一般バカロレアは理系/文系/経済社会の3コースに分れていて理系コースのステータスが高いのが現状なのだとか。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座5-6

◆4/20(金) 【 Leçon5:Alcool(=アルコール)】

フランスにおいてアルコールは美食(gastronomie)や安楽な暮らし(bien-vivre)のイメージと結びつき、長く非常に肯定的なイメージを持っていた。しかし、数年前から社会的に考え直されアルコールのイメージに変化が起き、消費量(consommation)が落ちた。
アルコール総消費量は1960年以来半分近く落ち込み、2005年には11リットル以下になった。この減少はワイン消費量の減少によるもので、1963年に127リットルだったワインは2005ねんいは58リットルになった。
日常的にワインを摂取する人は2000~2005年間で29%減少した。対して、ビール消費量は80年代に安定し、1962年には37リットル、1970年には41リットル、そして2004年には34リットルだった。

◆4/21(土) 【 Leçon6:Tabagisme(=タバコに対する依存)】

2005年の喫煙総数は29.9%で、男性33.6%、女性26.6%だった。また、16歳未満への販売禁止により12~15歳の少年においてもタバコ依存は減少した。
しかし、タバコの大幅値上がりの結果、国外購入や密輸による購入量を考えると29.9%という数字は考えものである。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座3-4

◆4/13(金) 【Leçon3:Hygiène et beauté(=衛生と美容)】

『toilette』の意味は長い間下着を着替える事。着ている服を指していた。
また、20世紀初頭はフランス人にとって身体を清潔に保つ事は余り大きな関心事ではなかったが、フランス人の衛生習慣が大きく進歩し、2005年の衛生・美容費は83億ユーロ(一世帯辺り330ユーロ)に上った。
その内訳は、化粧品(produits cosmétiques):40%、ヘアケア製品(produits capillaires):23%、
香水(parfums):18% であった。
今日でもフランス女性は香水・化粧品の消費においてはアメリカや日本、イギリスを凌いでいる。

1951年の調査結果
 ├ 全身を洗う頻度---週1回(37%)
 ├ 洗髪頻度---月1回(39%)
2005年の調査結果
 ├ シャワー使用頻度---最低1日2回(71%)
 ├ シャワー使用頻度---最低1日2回(7%)
 ├ 洗髪頻度---毎日(男性の4人に1人/女性の10人に1人)

そういえば『パヒューム』、映画館で観たかったのにいつの間にか終わっていたんですよね~(>_<)早くDVD化しないかな☆


◆4/14(土) 【 Leçon4:Habillement(=衣服)】

1960年に家計の10%を割いていた衣料費が1980年には6%になり、2000年には4.1%、2005年には3.7%になった。総支出は増加しているが、フランス人は衣料費よりも健康、住居、レジャーなど別部門へ出費していたのである。

パリ=ファションの街!!
というイメージがどうしても強いですが、収入の3.7%を洋服の購入費にすると云うと....かなり少ないですよね!!しかも”家計費”の3.7%。例えば予算3万円として、その半分の1万千円5を女性、1/3の1万円を男性、残りを子供や赤ちゃん。といった感じで分配される事が多い様です。
アクセや小物で一つの服を長く着回すのもお洒落の1つですしね(^-^)☆

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座1-2

今期のラジオ応用編は「数字」から見るフランスを取り上げています。

◆2007/04/06(金) Leçon1:Taille(=身長)

フランス人男性の平均身長・・・176cm
フランス人女性の平均身長・・・163cm
           (2005年現在)
EU連合国の中では、北部の人達の方が南部の人達よりも大きいそうです。
 北部:オランダ 180cm/スウェーデン 179cm
 南部:ポルトガル 169cm/スペイン 172cm
          (1996年調査)
フランス人は中間位なんですね(^-^)


◆2007/04/07(土) Leçon2:Obésité(=肥満)

OECD(経済協力開発機構) 2000年の調査によると、BMI30以上の肥満の人の割合は9.6%である。(アメリカ23%、イギリス21%、ハンガリー19%、ドイツ&オーストラリア18%、日本2%)
肥満が増加傾向にあるのは職人や非就労者など。反対に上級管理職や自由業、高等教育を受けた人達の肥満の割合は少なく、肥満層は所得と教育水準とは反比例の関係にある。

-----
ラジオ応用編では、本文が×1.5のスピードで朗読されたものを聞き取る練習があります!! 通常のスピードでさえ???なのに(>_<)
でもこの×1.5のスピード....かなり耳が鍛えられそうです。
分らなくても毎日1~2度は聞く事にします☆

-----
現在、parisでは桜が満開のようです!!!!(^ω^)/
ノートルダム寺院やモンマルトルなどの風景と
日本の風景とまはた違った味わいがあると思いました!

私が住んでいる所は来週位には開花するかな?

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード