スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1999年11月のフランス★画像有★

1999年11月8日~15日、6泊8日でヨーロッパへ旅して来ました。
イギリス、ベリギー、パリにそれぞれ2日間滞在したのですが、パリで撮った写真を少々UPしたいと思います

エッフェル

エッフェル塔の電工掲示板も21世紀までのカウントダウンが表示されてます(笑)何と言っても時代は20世紀末!!通貨もユーロではなくフランでした。(行く先々で両替&計算に頭を使ってたな~)今思えばそれはそれで貴重な経験ですね。ハイ。(笑)

シャンゼリゼ通り
↑シャンゼリゼ通り(多分)
バスの中から撮った記憶があるのでもしかしたら別の通りかも
11月だったので、街路樹を白く塗装したりと冬の装いが漂い始めていました。

ねこ
↑シャンゼリゼ通りを闊歩するパリジャン?パリジェンヌ?
お気に入り写真。パリっ子って感じで良いでしょー?

アメニティー
↑ホテルのアメニティー
HYATT REGENCY CHARLES DE GAULLE~ハイアットリージェンシー シャルドゴールホテルの備品。宿泊先はシャルルル・ド・ゴール空港近くのホテルでした。設備や雰囲気は良かったのですが、パリ市内からは遠かったー
一緒に行った友達と夜遅くまで遊んでいたら電車で帰れるか不安になってタクシー利用。当時で250F(日本円で5000円)そういえば!助手席に乗った友達が爆睡してしまい、近くになっても起きなくて運転手さんが困ってたっけ(大笑)

団体格安旅行に紛れて行ったので、自由行動が多かったですね(苦笑)オプションを付けると「セーヌ河クルーズとロマンティックディナー」とか「ベルサイユ宮殿観光(昼食付)」とか「ルーブル美術館&中華ディナー」などがあったのですが、同じツアーのおばさま達と一緒になりたくなくて、全国全ケ所友達と4人で飛び出していました。
(帰路の飛行機の中で、添乗員さんから毎日あなた達4人が無事帰ってくるか心配だった、と聞かされました

なので、電車に乗る切符も自分達で買って(ベルギーでは降りる駅間違えて...パリの地下鉄ではスリ現場目撃...)。イギリスでは道が判らなくなって一応、警察官に尋ねてみたり(超無謀!爆笑)。御飯も自分達でお店を選んで通じない言葉で無理矢理理解してもらい(フランス語圏で思いきり「シェアしたいのでディッシュ下さい!」+ジェスチャー付。思いきり日本語だよ...)
1コ1コが滅茶苦茶大変だったけれど、、、楽しかったな

でも心残りも一杯あるんですよね...。
イギリスとベルギーはココに行きたい!という目的を達成出来たけれど、フランスはフランス語という未知の世界(理解不能な言葉に囲まれてる~!!)のショックに打ちのめされて、2日間ともシャンゼリゼ通り付近をウロウロするだけで、パリ市内から外に出ないで終わってしまった事。

イギリスはまた来たいけれどフランスは二度と来るもんか~
もし、イギリス、ベルギー、フランスに住むとしたら絶対イギリスとさえ思ってたくらい(笑)
それなのに、今は迷わずフランス フランス映画の面白さがちょっと判るようになって、字幕なしで観られるようになりたい、と思ったのもそうだけれど、世紀末のこの時の旅行のショックと消化不良感が、もしかしたらフラ語を始めたいと思ったきっかけなのかもしれない。

当時の写真を眺めて、フとそんな事を思う日でありました。


 

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。