スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして「ルーブル美術館展」へ。

同行してくれる友達と合流、ランチを済ませた後、東京都美術館で
開催されているルーブル美術館展へ行って来ました♪

見知らぬおじ様に「余っているから。」
と招待券を1枚頂いてしまいました♪
ありがとうございます>その時のおじちゃん!

作品はどれもこれも素晴らしい職人技と時間と、膨大なお金をかけて
創られた物ばかり。金庫が底をつくのも分かります
ロココ調を基本としながらも、世代が変わるのに会わせて様式美も変化していく所が興味深い。ポンパドゥール夫人の時代には非実用的とも思える程華美な装飾が施されたものが、マリー・アントワネットの頃になると実用性も考慮されていたり、デザインに統一感が出て来たり...。
私の趣味で言えば、マリー・アントワネット時代のものがデザインの足し算と引き算のバランスが取れていて、一番好きでした☆

ですが。。。
「また煙草入れ?!」
と思わず口をついて出てしまった程、煙草入れに次ぐ煙草入れ...(笑)
一体、何個あったんだろう???

18世紀のフランス宮廷で創られ、持ち主が去った後も今日まで同じ輝きを放っている装身具、調度品、絵画...。大勢の観覧者にもまれにもまれて結構疲れましたが、歴史上の人物達が使っていた美術品をじっくり鑑賞出来て何とも優雅でゴージャスな気持ちになれました。

次回、同美術館で開催される展示会は
【芸術都市パリの100年展】
期間内に上京予定があるので、こちらにも足を運びたいと思います♪

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。