スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワインラベル原画展」へ行って来ました!

ムートン


六本木森アーツセンターで開催されている
シャトー・ムートン・ロスシルド ワインラベル原画展
へ行って来ました♪ 参照:3/3のエントリー

入場した時は人が少なかったのでChance!とばかりにフランス語と
日本語の説明書を見比べていたのですが、徐々に観覧者が増えて来て...
途中で断念してしまいました

エチケット(ワインラベル)一口メモ。
ボルドーワインの格付けは2種類。
1つは「ラベルに表示された地域」、もう1つは「1~5級までの数字」。
ボルドーワインの場合は、生産地がより詳しく表記されていて、
数字が若いワインが格上になります。
シャトー・ムートンは、上質な赤ワイン生産地区として有名な
メドック地域の”ポイヤック村”で栽培されたワイン。
1973年に1級昇格を果たしました☆
エレベーターで一気に52階へ。
薄暗い場内には、らくがきみたいなスケッチやイラストから立体的な絵画まで、大きさも形も手法も様々に描かれた原画70点と、それらに関連する写真や資料が展示されていました。
モチーフとして多かったのは「葡萄」「ワインの瓶」「豊穣の神」「自然(田園風景)」、そして”ムートン”に因んだ「羊」や「人物(領主)」。
中には数点作って領主の好みに合った方を採用しているラベルや、依頼承諾後に画家が亡くなり、家族の許可を得て未発表作品を採用しているラベル、優越つけがたく2種類のラベルが作られた年...など、ワインラベルという小さな世界に、新作ワインへの期待と喜びと敬愛の念が”詰まって”いました♪

天井まで積み上げられたワインタワーも圧巻!→画像

63年分の「時間」を楽しんで来ました!大満足です

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。