スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIOフランス語講座23-24

◆6/22(金) 【Leçon23:Cinéma(=映画)】

1998年には28%だったフランス映画の割合は、2001年に公開された「アメリ」のおかげで41.5%に上り、1986年以来の高い割合となった。(2004年39%、2005年37%、2006年35%)
フランスではヨーロッパで最もアメリカ映画が優勢(dominant)ではない。その理由としては、監督(réalisateur)の才能やプロデューサー(producteur)の直感力(flair)に加えて(outre)映画への融資(financement)や支援システム、つまり、国の政策が考えられる。

 2005年に映画館に行った顧客割合
  ├フランス:5.2回(1996年には4.6回)
  ├スペイン:2.9回
  ├イギリス:2.7回
  ├アメリカ:4.7回
  ├オーストラリア:4回
  └日本:1.3回
  (2005年)
このようにフランスは、イギリス・スペインと共に、映画館の客入り減少に歯止めを掛けた数少ない国の一つである。



◆6/24(土) 【Leçon24:スポーツ(=Sports)】

15歳以上のフランス人が実践しているスポーツ (2003年)
 ├ 自転車:38%
 ├ 水泳:30%
 ├ ハイキング:22%
 └ ペタンク(含ビリヤード):22%
1000万人以上の人がスポーツクラブや団体に加入し、そのうちの半数は対抗試合に参加している。個人競技の邦画団体競技より多くの実践者がいる。

スポーツの発展は、
 ・自由時間の著しい増加
 ・購買力の上昇
 ・公的あるいは私的な施設の創設
 ・個人的投資(ゴルフ)
により容易になった。

『体操・自転車・水泳・ジョギング・ローラブレード』 は
『陸上競技・筋肉トレーニング・テニス』 よりも頻繁に行われている。
そしてまた(スポーツだけではなく全般的だか)飽きるからか、経験を積むためなのか、行うスポーツの種類を頻繁に変える傾向~ザッピング現象~もフランス人には見られる。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。