スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIOフランス語講座13-14

◆5/11(金) 【Leçon13:Logement(=住宅)】

フランス人は自宅で過ごす時間がとても多い。週末を含めると一日平均17時間50分、という数字の中身は、週35時間労働の移行と退職者(rentairé)及び失業者(choômeur)の割合が増えた事にもよっている。
同時に、住宅にかける費用も増えた。2005年には世帯の実質消費の18.9%を占めている。(1980年16.8%、1960年10.7%)維持(entrtien)費と設備(équpement)費を含めるとフランス人は実質消費の1/4近く(年間約1万ユーロ)を住宅費に割いている。


◆5/12(土) 【Leçon14:Surface des logements et résidence secondaire(=住宅面積と別荘)】

住宅の平均面積(surface moyenne)は規則的にそして目覚まし(spectaculaire)く拡大した。(※1)しかし、小さな住宅の割合も最近増え(s'accroître)ている。
フランスの住宅面積はヨーロッパ15ケ国中の平均である。(※2)別荘(résidence secondaire)若しくは別宅を持っている世帯割合は60年代~90年代初頭にかけいぇ上昇した後、停滞(stagnation)期を迎えたが、1996年以降、別荘購入は再び過熱した。

※1住宅面積の拡大
  ├1973年---72m2
  ├1984年---82m2
  ├1992年---86m2
  └2004年---91m2

※2住宅面積ランキング
  BEST1. ルクセンブルグ---1182
  BEST2. デンマーク---1082
  WORST イギリス&フィンランド---762

別荘の3件に2件はほとんどが庭付きの一軒家。半数以上が田舎に、1/3が海沿いに、残りは山付近に持っているそうです。

フランス~特にパリ~での住環境というと、フランス映画には欠かせない『アパルトマン』のイメージが強いです。普段は小さいお家で生活して、ヴァカンスは自然に囲まれた別荘やおじーちゃんおばーちゃんの住んでいる大きな田舎の家で~。。。みたいな(^ω^;
そういえば、2006年7月にNHKで放送された【世界遺産 フランス縦断8日間】 の中でも、行く先々でお宅訪問♪をしていたけれど、どのお宅もとても手入れがされていて素敵でした★
特に”布”の使い方が素敵!!!!(≧▽≦)

新大統領の元で『週35時間労働』が撤廃されてしまえば、このLogement関連項目については数字が変わってくるのでしょうけれどねえ~。。。(^^;

パリの小さなアパルトマン パリの小さなアパルトマン
ジュウドゥポゥム (2006/01)
ジュウドゥポゥム

この商品の詳細を見る

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。