スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベンヌウォーターを調べてみた

ってありますよね。お化粧品で。南フランスのアベンヌ温泉水が原料になっています。
フと思い立ち、家あったアベンヌウォーターのパッケージに使われている単語の意味を調べてみました

EAU THERMATE
Ave'ne
EAU THERMATE
apaisante,anti-irritante
peaux sensibles
THERMAL WATER
soothing,anti-irritating
sensitive skin

、、、コレ、Blogに書いて良いのかな?まいっかパッケージに表記されている黒字部分は、上の3行が仏文で、下の3行が英文なので、上3行を調べてみると、、、。

EAU THERMATE → EAU=水/THERMATE=温泉 → 温泉水
Avene → Avene=アベンヌ
EAU THERMATE=温泉水
apaisante,anti-irritante → apaisante=沈静化/anti-=反対/irritante=刺激性の
peaux sensibles →peaux(peauの複数形)=皮膚,肌/sensibles=敏感な



温泉水
アベンヌ
温泉水
刺激を沈静化させる
敏感肌(用)


仏文では<皮膚>+<敏感な>の順になっているのに対して、
英文では<敏感な>+<皮膚>の順になってる所がナカナカ面白いですな。


 


テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。