スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの確率

パリの確率 パリの確率
ジャン=ポール・ベルモンド (2001/06/20)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


世紀末直前のカウントダウンパーティー。24歳のアルチュールは恋人リュシーから
「今夜、子どもを作りたい」と懇願される。
しかし、心の準備も生活にも余裕がないアルチュールはトイレから脱走!屋根裏へ繋がる
通路を進むと、そこは70年後のパリだった。。。

セドリック・クラピッシュ万歳~♪

↓ 以下、感想。(ネタバレ有)
恋人との将来も考えてはみるものの、生活・仕事や家族への責任、自分自身への不安を抱え、居心地の良い《今》から抜け出せない青年、アルチュールの口癖は「考えるよ」「考えてるよ」

恋人リュシーに迫られるのを避けようと、トイレの天井の穴から抜け出たアルチュールが見たのは砂に埋もれた砂漠の町。訳もわからないまま町をうろつくアルチュールに、懐かしそうに声をかけてきた白髪の老人アコ(ジャン=ポール・ベルモンド)。彼に見せられた1冊のアルバム。そこに移っている自分自身。その世界は2070年で、自分はアルチュールの息子だ!と打ち明け、満面の笑みのアコ。
「パパ~」←最初の一撃(爆笑)

自宅へ案内され、自分の子孫達に、自分達が消滅しないように子作りしろ!とあらゆる手段で迫られるアルチュール(爆笑)状況を受け入れられず隙を見て逃げ出したアルチュールを
「パパ!」「おじいちゃん!」「ひいじーちゃん!」と必死に追いかけてくる子孫一家。
<見ている方は仏単語の良い聞き取りになります(^^;>

何とか曾孫の助けを借りて「現代」へ戻ったアルチュールは、恋人と子供はもう少し先延ばしにしようと話し会い、アコ達にもその決断を伝え、パーティー会場を後に...

”何ものにもなりたくない”という生きてきたアルチュールに突きつけられた、”何ものかにならなくてはいけない”という決断。重いテーマがとてもユーモラスに描かれています。特に、家族の大切さを「父親」に教えるアコ役のジャン=ポール・ベルモンドが凄く良い!

カウントダウンパーティーの余韻を残したパリの朝。
アコや子孫と過ごした時間を一人思い出しながらアルチュールが出した結論は...?

ラストを見ていてだから砂漠だったのか-。と一人納得。
コミカルな中にも芸術性を感じられる作品です。

パリの確率-official-

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。