スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス観光事情

11/3~11/11のラジオ応用編のテーマは『観光』でした。

有名な観光地でもあるフランス。有名故に抱えている問題や悩みも大きい様です。
1回目(11/3)は”2006年夏のシーズン予想”について。
フランスは観光客だけみると世界順位1位。でも観光収入では3位。
ドイツからの観光客は減っているが、イギリス、ベルギー、オランダ、北アメリカやスペインからの観光客は来ている。それなのに観光客数と収入にギャップがあるのは、フランスがある国からある国へ行くための『通過点』になっているからである!

確かにフランスは、ヨーロッパ諸国の中では位置的にほぼ真ん中(^^;
そのせいか、交通アクセスも結構便利だった記憶があるし。
日本の商店街もそうだけれど、道路拡張で逆に客が減る現象があるんです。

 道が狭い→車スピードダウン→視界に入る→停車してみる→うっかりお買い物
 道が広い→車スピードアップ→快適ドライビーング♪→通過~さよーなら~。

人間、こんな心理が働くらしい(^^;
規模は違えど、<集客>と<滞在>はワンセットで取り組まないと。。。
出典:Le Monde 2006年7月23日

2回目(11/4)は”観光とは?”について。
ノートム=ダムに観光客が押し寄せ、敬虔な信者が祈りをささげる時間を邪魔をしている。毎年1000~1200万人の観光客がやってくるが、彼等全員がカトリック信者という訳ではない。そして彼等はたいてい『記念写真』を取る事に熱心になるが、信者が観光客の邪魔をする事はない。観光客にとっては祈りを捧げる信者すら『セット』の一部なのだ。

観光”客”。だから、マナー厳守!!
出典:Le Monde 2005年8月5日


3回目(11/10)は”モン=サン=ミッシェルの工事”について。
砂の堆積によって埋まった海を取り除くため(本来の風景を取り戻すため)大規模工事が行われる事になった。現在設置されている道路付き堤防は、2008年に始る工事によって掛け橋に変えられ、堤防は2012年には取り壊される。

これは最近TVのニュースでも流れていました(^^)
早く本来の姿を取り戻せるとよいですね!砂の除去は環境にも良いですし☆
出典:Le Monde 2006年6月16日


4回目(11/10)は”ベルサイユ宮殿の計画”について。
観光地として超有名なベルサイユ宮殿。2005年には300万人の見学者を迎えそうである!特に夏のバカンス中には1日15万人もの観光客が集まって来る。観光客を拡散するために2006年7月に『マリー・アントワネットの離宮』が解放されるし、オペラ劇場も2007年以降はもっとオープンになる。
しかし、観光客が見たい場所は『鏡の回廊』と『王のグラン=アパルトマン(正殿)』に集中する、という問題を解決するまでには至らないのである...。

この記事も11/4のノートム=ダム寺院と似ているかな。
何度も来られないから”一番オイシイトコ”観たい。という感じなんでしょうね...。
出典:Le Monde 2005年12月22日

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。