スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチミュージック

CDを借りに行ったついでに、フランス人アーティストの音源を探してみました。
結果、、、
クレモンティーヌ(Clémentine)の『ロン・コリエ(LONG COURRIER)』と
バネッサ・パラディー(Vanessa Papadis)の『VARIATIONS SUR LE MEME T'AIME』を
発見したので、レンタル。

バネッサ・パラディーの声が低いのにビックリ!これで(当時)17歳か~。(^_^;
”フラ語を聴き取る”という観点から云うなら、クレモンティーヌの歌い方の方が聴きとりやすいかな。クレモンティーヌの曲はよくCafe Musicとして流されていますよね。勉強中のBGMにも良さそうです。

”フランス音楽”のイメージはボサノバポップス、、、ちょっとお洒落でアーティスティック、囁くような歌い声、というイメージが未だに大きいのですが...(苦笑)フレンチロックで誰か良いアーティストいないかな~。。。

因に、今ハマッテいるのは米国出身のROCK BAND@HOOBASTANKデス

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。