スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RADIOフランス語講座25-26

◆6/29(金) 【Leçon25:Téléphone mobile(=携帯電話)】

固定電話(téléphone fixe)が大衆化(se démocratiser)し、大多数の世帯が加入するのに何十年もかかったのに対し、携帯電話は10年以内で普及(se généraliser)した。
 携帯電話所有者割合の推移
  ├2006年1月:4800万人(フランス人の80%)
  ├1997年末:570万人
  └1996年:250万人以下
しかし、フランスでの携帯電話加入者(abonné)数は、EU連合の他の大国~特に北部の国々(スウェーデン・フィンランド・デンマーク・オランダ)に比べれば少ない。これらの国々では、加入者数が住民の100%に近い。イタリア・スウェーデン・イギリスでは複数回線(ligne)を持つ人もいるため、100%を超えている!!
それに比べて、アメリカ(61%)と日本(72%)ではそれ程普及(répandu)していない。

携帯電話保有率は18~30歳で90%を超え最高となっていて、30歳以降は規則的に減少し、60歳以降は割合が大きく落ち込んで(décrochement)いる。


◆6/30(土) 【Leçon26:Congés(=休暇)】

2000年には就労者10人に1人が年間5週間以上の年次休暇を持っていた。週35時間労働が導入されると管理職などの特定のカテゴリーで休暇期間が延び、多くの人が週の超過勤務の代償として2週間の追加休暇を得るようになった。こうして、年間合計8週間<銀行など特定の部門では10週間>の休暇が見られるようになった。

2005年5月の段階では、年休が4週間未満の人は主に自営業者(農民・商人・職人・自由業)で、割合は10人に1人である!彼らの年間平均休暇は18日で、そのような職業の人達は、労働時間削減から取り残されてしまっている。

一方、サラリーマンは年間平均39日の有給休暇を享受しており、これは先進国のサラリーマンのTOPに位置する。
  ├ ドイツ:27日
  ├ オランダ:2日
  ├ イギリス:23日
  ├ カナダ:19日
  ├ オーストリア:17日
  └ アメリカ:12日



今週の「ラジオ・フランス語講座」は驚く事実がたくさん!!
日本は"携帯電話普及率は高いだろう~"と思っていたのですが、イギリスや北欧諸国の方が
断然高いんですねーーー!!(@□@)ビックリです。

バカンスは・・・フランスはバカンスの国ですからね~(笑)
パン屋さんも交替でお休みするそうです。その間は
「○○月○○日~○○月○○日までヴァカンスだからこのお店に行って下さい」
というおしらせ+地図を店先に貼ってお出かけするそうです☆(^ω^)
ただ、フランス大統領選挙のエントリーでもちょっと触れましたが、サルコジ新大統領は週35時間労働制の撤廃を政策の1つに掲げていますので、もしかしたらヴァカンスの取り方やシステムも変化していく可能性も考えられそうです。


★フランスの「今」を知るなら? AntenneFrance
スポンサーサイト

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏語テキストと共に

今日は私用で仙台へ。
往復の電車内で読もうと
NHK ラジオフランス語講座 2007年 04月号 [雑誌] /
NHK ラジオフランス語講座 2007年 05月号 [雑誌] /
NHK ラジオフランス語講座 2007年 06月号 [雑誌] /
この3册を持って出かけました(^-^)

電車の中でテキスト【入門編】+コラムをじ~~くり読み返し。
練習問題をサラッとやりながらの往復4時間では、4~5月号の2册まで読むのがやっと!
でもNHKのテキストは鞄の中に入れていても荷物にならなくて良いですよね♪

仏検が終わってからTVもラジオもテキストを見ないで受講しているので(^^;
ちょっとずつテキストを読み進めて行こうと思います~。

今週末やろうと思っていたフランス語の文法のお勉強は今日の読書で代用デス♪(爆)

TVフランス語会話『レッスン13』

Leçon;13

■ 所有形容詞






 男性単数女性単数複数
私のmonma(mon)mes
きみのitonta(ton)tes
彼(女)のsonsa(son)ses
私たちのnotrenos
あなた(たち)のvotrevos
彼(女)らのleurleurs

!!母音・無音のhで始まる女性単数名詞の前では[mon・ton・son]を使う。



mon oncle私のおじta familleきみの家族
sa tante彼(女)のおばnotre pays私たちの国
vos parentsあなた(たち)の両親leurs petits-enfants彼(女)らの孫
mon école私の学校son historire彼(女)の話



■ 代名動詞の複合過去【se coucher】の場合
je me suis couché(e)
tu t'es couché(e)
il s'est couché
elle s'est couchée
nous nous somme couché(e)s
vous vous êtes couché(e)(s)
ils se sont couchés
elles se sont couchées

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

Le Monde

ルモンド新社長を承認、2頭体制に 内紛ようやく収拾へ

フランスを代表する高級紙ルモンドの記者組合は25日、ピエール・ジャンテ副社長(60)を社長に選任する監査委員会案を承認した。28日の同委での正式決定を受けて就任する。コロンバーニ現社長(58)に対する5月の再任拒否以来の内紛はようやく収拾に向かう。
 副社長には系列雑誌テレラマ社長のブルノ・パティノ氏(42)が次期社長含みで任命され、事実上両氏の2頭体制で運営される。監査委は、3年後にジャンテ氏がパティノ氏に社長を譲る方針を明らかにしている。
 ジャンテ氏はAFP通信で長く記者を務め、地方紙シュドウエストの社長から06年にルモンド副社長に迎えられたばかり。パティノ氏は国連勤務の後に入社。インターネット事業を整備するなど、コロンバーニ社長の直系で、若手のやり手として知られる。
 コロンバーニ社長は5月、3期目に立候補したが、就任に必要な記者組合の6割の賛成を得られなかった。その後、同氏が社説で支持を訴え、記者組合が反論するなど、混乱が続いていた。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

RADIOフランス語講座23-24

◆6/22(金) 【Leçon23:Cinéma(=映画)】

1998年には28%だったフランス映画の割合は、2001年に公開された「アメリ」のおかげで41.5%に上り、1986年以来の高い割合となった。(2004年39%、2005年37%、2006年35%)
フランスではヨーロッパで最もアメリカ映画が優勢(dominant)ではない。その理由としては、監督(réalisateur)の才能やプロデューサー(producteur)の直感力(flair)に加えて(outre)映画への融資(financement)や支援システム、つまり、国の政策が考えられる。

 2005年に映画館に行った顧客割合
  ├フランス:5.2回(1996年には4.6回)
  ├スペイン:2.9回
  ├イギリス:2.7回
  ├アメリカ:4.7回
  ├オーストラリア:4回
  └日本:1.3回
  (2005年)
このようにフランスは、イギリス・スペインと共に、映画館の客入り減少に歯止めを掛けた数少ない国の一つである。



◆6/24(土) 【Leçon24:スポーツ(=Sports)】

15歳以上のフランス人が実践しているスポーツ (2003年)
 ├ 自転車:38%
 ├ 水泳:30%
 ├ ハイキング:22%
 └ ペタンク(含ビリヤード):22%
1000万人以上の人がスポーツクラブや団体に加入し、そのうちの半数は対抗試合に参加している。個人競技の邦画団体競技より多くの実践者がいる。

スポーツの発展は、
 ・自由時間の著しい増加
 ・購買力の上昇
 ・公的あるいは私的な施設の創設
 ・個人的投資(ゴルフ)
により容易になった。

『体操・自転車・水泳・ジョギング・ローラブレード』 は
『陸上競技・筋肉トレーニング・テニス』 よりも頻繁に行われている。
そしてまた(スポーツだけではなく全般的だか)飽きるからか、経験を積むためなのか、行うスポーツの種類を頻繁に変える傾向~ザッピング現象~もフランス人には見られる。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

TVフランス語会話『レッスン12』

Leçon;12

■基本
人称代名詞強勢形



moi---私nous---私たち
toi---きみvous---あなた(たち)
lui---彼eux---彼ら
elle---彼女elles---彼女ら


主語の強調として
 └Eux,ils vont à la fête,mais nous,nous restons ê la maison.
 (彼らはパーティーに行くけど、僕達は家にいるよ)

前置詞の後で
 └Demain,je vais chez lui.(明日彼の家へ行きます)

c'estの後で
 └Madame Belmont,c'est vous?-Oui,c'est moi.
 (ベルモン夫人はあなたですか?)(はい、私です)

独立的に
 └Ça va?-Oui,ça va.Et toi?-Ça va,moi aussi.
 (元気?)(ええ、元気よ。あなたは?)(僕も元気だよ)



■中級
目的語代名詞が2つある場合の語順

(例)・Je vous le passe.(彼に代わります)
上記例文は電話での決まり文句ですが、直訳は「あなたに彼を渡します」。
vousが間接目的語、leが直接目的語。)
両方が代名詞となって動詞の前に置かれる場合は語順が決まっている。
   ↓
   ↓ 原則は・・・
   ↓
【間接目的語+直接目的語】
ただし、【間接目的語が三人称の時は、直接目的語+間接目的語】
   ↓
主語 + (ne)me
te
nous
vous
le
la
les
lui
leur
+ 動詞 (pas)


・Tu me prêtes ton vélo?-Oui,je te le prête.
(私に自転車を貸してくれる?)(ええ(あなたにそれを)貸してあげます)
・Tu lui prêtes ton vélo?-Oui,je le lui prête.
(彼に自転車を貸してあげるの?)(ええ(それを彼に)貸してあげます)

!!肯定命令文の時は『動詞-直接目的語-間接目的語』になる。
 ・Prête-le-moi.(それを私に貸して)
 ・Prête-le-lui.(それを彼に貸してあげて)

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

【フランス語検定4級】終了!!

各級を受験された皆様お疲れ様でした~!!(^-^)

手応えは如何でしょうか?

終了後に配付された模範解答での自己採点では、74点でしたので、今回も何とかセーフ&目標達成出来そうです☆

5級を受験した時に「ヒアリング問題:数字の聞き取り」で予想以上にパニクッたので、今日はぎりぎりまでフランス語のシッフル(数字)なんてこわくない! / ファビエンヌ ギユマンの1~100迄を繰り返し聴いていたのが良かったのか、全問正解でした♪
、、、1年もやってて出来る方が当り前なんですけどね~(爆)
でもちょっと嬉しかったのです(^ω^;

また、今回は筆記よりもヒアリングの方が手応えがありました。
時々聞き忘れるし、そんなに集中して聴いていないのですが、やはり『毎日聞く』という事は、見えなくても力になっているのかな?>ラジオ講座
と思いました。改めて。明日から改心してちゃんと聞こう。。。(笑)

ですが。。。問題[6]が全滅~~~!!(>_<)
総合的には合格ラインでもこれはちょっと...ヤバイです。(汗)

3級に向けての課題は、”文法をしっかり見直す事!”に決定!!


今秋は仕事関連の資格試験受験のため、仏検は1回お休み。来春受験します。
でもココでパタンと勉強を止めてしまっては振り出しに戻りそうなので...(^^;


(1) ラジオ講座は毎日聞く&TV会話も忘れずに見る
(2) 1日1個だけ単語を覚える
(3) 週末にちょっとずつ文法の復習
(4) 月に1本はフランス映画を観てみる


こんな感じで何とか細々とでもフランス語と関わって行こうと思います☆

でもその前に。。。今日はゆっくり寝ま~す♪
A bientôt!!(^-^)/

*本日のランチ*
パスタ デザート

明太子とシーフードのパスタ&カフェ・モカ&フォンダンショコラ

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座21-22

◆6/15(金) 【Leçon21:Press quotidienne(=新聞(日刊紙))】

1914年には住民1000人当たり250部発行(diffusion)だったフランスの新聞(presse)は、アメリカと同位置に位置し、イギリスやドイツに大きく差をつけていた。しかし、第一次世界大戦~第二次世界大戦の間に手痛いし、継続的に衰退(déclin)していった。

2003年フランスの新聞は世界で31番目に位置している。
  ├日  本:650部
  ├イギリス:393部
  ├ド イ ツ:322部
  ├アメリカ:263部
  ├フランス:167部
  ├イタリア:158部
  └スペイン:122部
  (住民1000人当たりの発行部数(exemplaire))
このうち、新聞を読んでいる人の割合は、
 ・定期的(週3回以上)な読者(lecteur)=人口の14.8%(730万人)
 ・男性=21.4% 女性=11.8%
 ・管理職・企業のTOP、自由業=32.8%
 ・パリ都市圏(agglonération)の住民=30.3%
 ・高等教育修了者=24.1%
という結果になっている。


◆6/16(土) 【Leçon22:情報への信頼(=Confiance dans l'information)】

マスコミ(médias)の提供する(fournir)ニュースに対して、
 ┌ 非常に・若しくはかなり興味を持っている=76%
 └ 余り・若しくは殆ど興味がない=23%
という結果が出た。(2006年調査)
そして、興味を持っている人の割合は、2001年に最低レベル(66%)を記録したが、1995年のレベルにまで戻った。

しかしながら、ニュースの信憑性(fiabilité)に対する信頼においては、
 ├ TV報道と事実は一致する=6%
 ├ TV報道と事実はほぼ一致する=38%
 ├ TV報道と事実には多分(vraisemblement)かなり食い違いがある=48%
 └ TV報道と事実は異なる=6%
つまり、54%のフランス人はニュース機能においてTVを信頼していない。という結果が出ている。また、信頼していない人の割合は、新聞の方が低く(47%)、特にラジオで低い(40%)

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

TVフランス語会話『レッスン11』

Leçon;11

■基本
1) 前置詞àと定冠詞の縮約形
  à + le  → au(オ)
  à + les → aux(オ)
 ※à la と à l' はそのまま。

・J'habite au Japon.(à+le Japon)
・J'ai mal aux pieds.(à+les pieds)

2) 前置詞deと定冠詞の縮約形
  de + le  → du(デュ)
  de + les → des(デ)
 ※de la と de l' はそのまま。

・C'est l'heure du dîner.(de + le dîner)
・Il regarde les photos des vacances.(de+les vacances)


■中級
指示代名詞の用法
男性:(単数)celui / (複数)ceux
女性:(単数)celle / (複数)celles
(例)Oui,celle-là.(はい、そちらのです)

!!指示代名詞の特徴
 1.前に出て来た名詞に変わるもので、単独では使えない。
 2.-ci-làをつけたり、de+名詞、関係詞節などをつけた形で使う。

・Je voudrais voir cette montre. -Celle-ci?-Non,celle-là.
(この腕時計を見たいのですが)(こちらのですか?)(いいえ、そちらのです)
・C'est to stylo?-Non,c'est celui de Bruno.
(これ君のペン?)(いいや、ブリュノのだよ)
・Ce roman est celui qui a reçu le Prix Goncourt cette année.
(この小説は今年ゴンクール賞をとったものです)

 *-ci---遠近を意識した時に近い方を差す。
 *-là---遠近に関わらない。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座19-20

RADIOフランス語講座19-20
◆6/8(金) 【Leçon19:Salaires(=給料】

民間(secteur)(及び半官半民)企業の正規雇用者の平均給料=29,279ユーロ(手取り1,849ユーロ)
国家公務員(agent de la fonction publique)の平均給料=29,988ユーロ(手取り2,100ユーロ)

職種が給料水準に影響を与えており、民間管理職は労働者・事務職員の2.7倍、中級職(profession intermédiaire)(技術者・職工長(agent de maîtrise)など)の1.9倍である。

男性の年収は民間企業や半官半民企業では24%、公共部門(privé public)では16%、女性よりも高い。
(2004年調査)

フルタイム=temp plein
税込=brut
利益参加=participation
利益は異聞=intéressement
手取り給料=salaire net
天引き=prélèvement


◆6/9(土) 【Leçon20:女性と仕事(=Femmer et travail)】

フランスでは女性(25~49歳)の10人に9人が働いていて、EU連合の中で男女雇用率の差が最も小さい国の1つでもある。
EU連合25ケ国の平均15.1/フランス11.5 (2004年)

 ・女性が夫の同意(consentement)なしに働けるようになったのは1965年~
 ・有給の出産休暇(congé de maternité)は1971年~
 ・職業上の男女平等に関する法律の制定は1983年~
 ・職業を表す名詞における女性形の創造は1986年~
 ・セクハラ(harcèlement sexuel)に関する法律の制定は1992年~

であるが、男女格差は大きいままである。
 内訳
  ├事務職員 大多数(2005年77%)
  ├管理職・高度に知的な職業 36%(1982年24%)
  ├部長職(poste de direction) 17%(500人以上の企業では7%)
  ├役員(会)(comité de direction) 6%
  └女性経営(diriger)者 10人以上の企業の1/5社 

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

受験票が届きました。

そっかー。今回は4級を受けるんだ~。。。(遠い目)


既に放心状態の彩です、Bonsoir????

場所は前回と同じ。
試験時間は11時半~12時半までの1時間です。

そんな訳で仏検が終わるまで更新休止です!
(と言っても10日くらいですね....(^^;)


それでは受験される全ての級の皆様、がんばりましょう~☆

Allez,encore un petit effotr,tiens bon!

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

TVフランス語会話『レッスン10』

Leçon;10

■基本
1) allerの現在形



je vaisnous allons
tu vasvous allez
il vails vont
elle vaelles vont

・Il va à Paris la semaine prochaine.(彼は来週パリに行きます)
・Ougrave; allez-vous?-Je vais à la banque.(どこに行くのですか?-銀行に行きます)
・Comment allez-vous?-Je vais à trés bien,merci.(御機嫌いかがですか?-とても元気です、ありがとう)


■中級
1) 動詞devoirの用法



je doisnous devons
tu doisvous devez
il doitils doivent
elle doiselles doivent

(例)Je dois rentrer tout de suite.(私はすぐに帰らなくてはいけません)

devoir+不定詞「~しなければならない」
・Pour aller à la tout Eiffel, à quelle station est-ce que je dois descendre?
(エッフェル党に行くにはどの駅で降りなくてはいけないですか?)

否定形「~してはいけない」
・Tu ne dois toucher à rien.(何も触っていけないよ)

devoir+不定詞「~に違いない」
・Elle doit être fatiguée aprés le long voyage.
(彼女は長旅の後で疲れているに違いない)

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

RADIOフランス語講座17-18

◆6/1(金) 【Leçon17:&EACUTE;trangers st immigrés (=外国人と移民)】

外国人の数についての調査は1999年に行われた国勢調査(recensement de la population)が最後である。外国人330万人(全人口の5.6%以上)のうち51万人は外国人の両親を持ち、フランスで生まれた人達である。彼らは、基本的に都市(=雇用の受け皿となる地域に隣接した所)に居住している。よって、パリはフランスの全人口19%が居住しているにすぎないにも関わらず、外国人40%を擁している。

 外国人(étrangers)=フランス国籍を持たない人
 移民(immigrés)=非フランス人として外国で生まれた人

移民の数は外国人より多く、1999年の国勢調査では、移民の数は430万人であった。その中に、外国で外国人の両親から生まれ、国籍を取得(acquisition)してフランス人になった人が160万人、外国で生まれた外国人が270万人含まれていた。


◆6/2(土) 【Leçon17:Chômage(=失業)】

2005年の失業率は9.8%、270万人が公式に失業者(chômage)であった。1960年から1985年の間に失業者は10倍になった。その間の数は安定して(se stabiliser)いたが、1993年に公式に300万人の大台(le cap de)に乗った。1998年に経済の一時的な好転(embellie)まで増え続けた。2001年から再び失業者が増え、2004年初めには失業率は労働力人口の10%、という象徴的なレベルに達し2005年には多少下がった。

国際的に比較すると90年代初頭以降、フランスがEU連合15ケ国の国々ほど職の確保に成功していないことが分る。2005年の失業率は(標準化失業率で9.5%)ギリシャ(11%)に次いで高い方から二番目だった。2004年5月にEU連合に加入した10ケ国でフランスより失業率が高かったのは、ポーランド(18%)、スロヴァキア共和国(16%)の二ケ国だけだった。

テーマ : フランス語
ジャンル : 学問・文化・芸術

a' propos de l'auteur
* Welcome *
--*--*--*--
LINK FREE
--*--*--*--



::おしらせ::
管理人への連絡は各記事右下の
【拍手】を御利用下さい。
コメント&TBは承認制です。


モチベーションUPの1,2,3ぽち☆
s'il vous plaît!!

ブログランキング





ブログパーツ

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
cate'gories
archives
liens
検索フォーム
coment
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。